米満和彦初の「節税の本」

17年前、私は独立起業しました。
起業してからはとにかく「売上げ」を上げるために必死で営業活動をしてきました。
その後、順調に売上げが上がり、社員数が増えていきました。
会社も個人事業を卒業して法人化。
「お、会社経営って楽勝じゃん♪」
そう感じていたのも束の間。
次々に送られてくる「支払いの書類」に唖然としてしまいました…。
そう。税金や社会保険料、消費税などの支払いの数々です。
支払っても、支払っても毎月のように押し寄せる国からの請求。
これを支払うために、私はさらに売上げアップに努めました。
しかし、さらに国からの請求は続きます。
法人税です。
帳簿上では利益が出ているようで、数百万円の法人税を支払わなければならないことがわかりました。
もちろん、手元にはそんなお金はありません。
「会社経営って大変だ~~~!」
大きく落胆したことを覚えています。
しかも、その悩みは10年以上続きました。

でも、今は全て解決しました♪
「税金」について徹底的に学び、「税金の正体」がわかったからです。
「もっと早く勉強すべきだった!」
心からそう思います。

そこで、これまでに私が学んできた節税ノウハウを書籍として執筆いたしました。
米満和彦初の「節税の本」です。
近日、詳細をお伝えします。
楽しみにしててください♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です