怪物商人

「怪物商人」という小説を読みました。
「死の商人」「戦争屋」と世間から罵られながらも、一代で財閥を築き上げた大倉喜八郎という男の物語です。

時代は幕末。
薩摩藩と長州藩を中心とした世の中で、新潟から江戸(東京)に出てきた喜八郎は、コネもカネもない状態から出世していく物語。
何もないゼロの状態からでも、人はいくらでも稼ぐことができるんだな~と感じました。
歴史好きな方はもちろん、経営者にとってもかなり刺激的な本ですよ。

ちなみに、主人公の大倉喜八郎は、現在のアサヒビールや帝国劇場、歌舞伎座などをつくった人でもあります。
まだまだ知らないことが多いな~。

怪物商人

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です