最後の1年

今日は個人的な話です。
2011年サッカー女子のなでしこジャパンがW杯で優勝した年、次女がサッカーを始めました。
当時、なでしこリーグ1部に所属していたアンクラスという地元チームが、小学生の女の子を対象にしたサッカースクールを始めるとのことで、次女はスクールのチラシを片手に家に帰ってきました。
「わたし、サッカーしたい!」
ここから彼女のサッカー人生が始まりました。

私も子供の頃サッカーをしていたので、娘に教えることにしました。
すると、彼女はどんどん吸収していきます。
「この子はかなり運動神経が良いな~」
サッカースクールでもすぐにエースになりました。
点取り屋です。
「もっとサッカーがしたい!」
次女がそう言うので、サッカースクールと掛け持ちで、近くの男子チームに入ることにしました。
さらに、小学5年生になると、福岡で最強女子チームのバロンピエに入部。
バロンンピエの監督は、現日本代表の冨安選手を育てた人でもあります。
しかし、バロンピエでは九州大会で敗退し、全国大会には行けませんでした。
ちょうどその頃、私は娘と毎朝「朝練」をスタート。
とにかくサッカー漬けの日々を過ごしました。

小学校を卒業すると、県内の強豪校である女学院サッカー部に入部。
しかし、中3のときも九州大会で敗退。
なかなか全国に行けません。
その後、次女はゴールキーパーに転向し、社会人リーグである九州リーグでも経験を積んでいます。

…そんな次女のサッカー人生も残り1年となりました。
今、高校2年生で、高校を卒業したらサッカーを辞めるそうです。
うん。いいと思うよ。
自分の人生なんだから、自分が納得できる人生を歩めばそれでいいと思う。
8年間、本当に悔しい思いをしたし、涙が出るほど感動することもありました。
そして、いよいよ今年「最後の1年」が始まります。
少し寂しい気持ちもありますが、娘を全力で応援していきたいと思います。

全国大会を目指して!



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です