コロナでも順調なお店の共通点

今回、コロナウイルスの影響で、多くの中小店舗が苦しんでいます。
当社には全国に数百のクライアントがいるので、ここ数日、意識的にクライアントの状況をヒヤリングしています。
すると、ある現象に気づくことができました。
その現象とは…

例えば、来店客が減少して苦しんでいる飲食店もありますが、コロナの影響を全く受けずに順調に売上げを伸ばしている飲食店もあります。
その違いは何だと思いますか?
それは、店主とお客様の仲が良いお店は順調です。
店主だけに限りません。
スタッフさんとお客様の仲が良いお店も順調です。
特に、今回のコロナ問題では大手企業が苦しんでいます。
飲食業の場合大手飲食店の主役は「商品=食べ物」です。
安くて美味しい食べ物を主役にしているから、コロナウイルスのような問題が起こると来店客が減ってしまいます。
食べる行為は自宅でも満たされますからね。
しかし、店主・スタッフとお客様の仲が良いお店は来店客が減りません。
なぜなら、それらのお店の主役は「人」だからです。
お客様は、店主やスタッフに会うためにお店にやってくるのです。
これは自宅では満たされません。

また、手前味噌な話になりますが、当社が運営しているニュースレター作成支援サービスの会員さんはあまり苦しんでいません。
定期的にニュースレターを届けることで、店主・スタッフとお客様との距離感が近くなり、仲良くなっているからです。
改めて「ニュースレター販促」は、コロナウイルスのような社会的問題でも強い側面があることを実感しました。

今、世の中には停滞ムードが漂っています。
このような状況では何をやってもうまくいきません。
だからこそ、このような時期にこれからの経営方針を見直してみてください。
今後商品主役でいくのか、人主役でいくのかを真剣に考え直す時期なのかもしれません。

また、コロナウイルスはいつか必ず沈静化します。
その時のために今から準備しておきませんか?
「ニュースレター販促」のメリットを知りたい方はこちらをお読みください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です