「親展」と書かれた封筒

自宅のポストに「親展」と書かれた封筒が入っていたので、中身を見てみると「マンションを売りませんか?」という広告でした。
ご存知の通り「親展」とは、宛名で名前が記されている人が自分で封を切って読んでほしい郵便物のことです。
だから、「親展」と書かれてあると、ほとんどの人が目を通すはずです。
それを逆手にとった手法ですね。

でも、これってどうなのかな?
注目はしますが、中身を見た瞬間に悪印象を感じてしまいました。
広告の注目を集めるためなら、どんな方法を使ってもいいわけではありません。
広告とは信頼を勝ち取るものだと思います。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です