規模縮小? 規模拡大?

先日、知人の経営者と雑談をしました。
「これからの生き方」について。

彼は美容室を経営していますが、今後はお店を縮小していくつもりだと言っていました。
スタッフ数は最小限にして、こじんまりと経営していくつもりだと。
今回のコロナ問題で、ほとんど全ての会社・店舗が打撃を受けたわけですが、なかでも特に規模が大きい会社が大打撃を受けました。
固定費が大きいからですね。
その結果、会社の規模を縮小していく考えに辿り着くのは当然だと思います。

ちなみに、私の会社も少人数です。
起業当初は「大きな会社をつくりたい!」と考えていましたが、社員数が多いメリットと社員数が増えることで生じるデメリットを比較した上で小規模の会社に軌道修正しました。
また、私の仕事は外部パートナーと組むことで、いくらでも売上げを上げることができますからね。
必ずしも「雇用」する必要はないということです。
だから、今回のコロナ問題でも大きな打撃は受けませんでした。
もちろん、売上げは下がっていますが、今現在、融資などは考えていません。

話を戻します。
今、全国の経営者が「これからの生き方」を模索していると思います。
今後もコロナのような問題が起こる可能性は十分にあり得るので、辿り着く答えは「規模縮小」だと思います。
すると…
今の状況で「規模拡大」を狙う考えもありだなと。
多くの会社が規模縮小をするのであれば、市場はがら空きになる可能性があります。
そこで「規模拡大」に打って出ると、成功する確率は高いのかもしれません。

いろいろな視点で可能性を模索していきましょう!



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です